Study abroad

高校留学した後の目標を明確に

高校留学を決断する前に必ず、明確にしておいて欲しい事について書きます。高校留学を考えたり、高校留学をしたいと感じるようになるには必ず何か、理由があります。それを一まとめにすると今の日本の学校教育では得られない何かを得る為に留学するのだと言えるでしょう。
では、その何かを得た後の事も考えておくことが必要です。一番、大事なことは、最初にある程度、将来の目標を決めることが重要です。何となく、留学してみたいとか、取り合えず、英語力を伸ばしたいから留学を考えているという話を聞くことがありますが、将来の目標が明確でないと高校留学した後、試練に出くわした際に、棒を折ってしまう危険性があります。
留学は「お金を払い、苦労を買いに行く修行の場」と考えて下さい。生まれ育った国を離れ、異なる言語の中で、そして、文化、習慣も異なる国で教育を受けることになりますので、苦労の連続なのです。勿論、新しい発見や、楽しい出来事、そして生涯の友に出会うチャンスもありますので、苦しいことばかりではありませんが、海外の高校を卒業するという関門は容易に超えられません。
その関門を越える為にはしっかりした目標を持っていないと、苦難に直面した際、自分の考えや行動にぶれが出てきます。苦難に直面した際に目標があれば、自身の決断に至る経緯を回顧することができ、自身を奮い立たせることができます。しかし、目標を持たず、何となく留学した場合、楽しい事ばかりに目が行き、学習面が疎かになり、単位が取れないということになります。北米では高校は単位制ですので、単位が取れなければ卒業ができません。まずは、しっかりと目標を定めて下さい。

article

高校留学はどういう条件で選ぶのか

多くの人種が集まっている国がありますが、いろいろな人と交流ができます。そして美術館が多いイギリスは、芸術面を磨けるチャンスがあります。…

詳細を読む

海外の学校との違いを高校留学で体験

海外の高校を卒業したら、そのまま現地の大学に入ったり就職する方が多いです。帰国し日本に大学に行くなら、帰国子女特別入試という枠を活用し…

詳細を読む