Study abroad

海外の学校との違いを高校留学で体験

海外の高校を卒業したら、そのまま現地の大学に入ったり就職する方が多いです。帰国し日本に大学に行くなら、帰国子女特別入試という枠を活用して、大学受験してみてください。ですが、特別入試枠がある大学だけにかぎられ、この受験資格は、通信大学受験資格と違って、日本の高卒などが必須条件にないことがほとんど。
そして10代半ばの高校生の年齢は環境への順応性がとても高くて、異文化への理解が比較的早いです。なので、高校生の段階から今会でと違った環境に接し刺激を受けるのはとてもよいこと。海外で暮らせば、日本で養えない広い視野で物音をとらえられる力を身に着けられます。
そして日本は18歳から免許を取得できますがアメリカは州により16歳から取得できて、高校1年生でも車を自分で運転し通学する方もいます。そして授業が終わりみんなでドライブするような光景も見られます。また、日本は授業中積極的に発言することに躊躇する高校生が多いですが、アメリカなどの高校授業は教師が生徒に質問をしたとき多くの生徒が積極的に発言。こうして海外の高校生とともに授業を受けて体験できる高校生活の違いは留学でしかわからないものです。これは体験する価値があるはずです。

article

高校留学はどういう条件で選ぶのか

多くの人種が集まっている国がありますが、いろいろな人と交流ができます。そして美術館が多いイギリスは、芸術面を磨けるチャンスがあります。…

詳細を読む

海外の学校との違いを高校留学で体験

海外の高校を卒業したら、そのまま現地の大学に入ったり就職する方が多いです。帰国し日本に大学に行くなら、帰国子女特別入試という枠を活用し…

詳細を読む